現在の仕事

計測商品の北日本営業担当です。
主に販売店(商社)へのルート営業/エンドユーザー様への訪問提案営業/その他製品についてのお問い合わせ・社内業務処理の対応が仕事になります。
グラフテックは直接販売を行わないビジネスモデルのため、商社からご購入頂く必要があります。
そのため取引商社との関係性が非常に大切で、商品知識はもちろん人間関係の構築のスキルを必要とされます。
関係構築がきちんとできれば、その方から弊社商品をエンドユーザー様に紹介してもらう機会が増えるのです。
商社の紹介によりご興味を持ったお客様についてヒアリングをし、商社と一緒にエンドユーザー様へ伺い具体性のあるご提案を行い案件成立を目指します。
お客様が何をニーズとされているのかの情報収集、そこに課題解決・付加価値を見出す提案力も必要となりますので、案件成立時は達成感を得ることができます。

今の仕事で一番心に残った出来事

計測機器の業界で面白いことは用途が多様なので、お客様の課題を一緒に解決できることです。
最近の案件ですと、A社の方から【とあるお客様から、A社ソフトウェアで、グラフテック計測機器を使用して、そのデータの統合を行いたい】といったお話を頂きました。
その時は、先方のソフトウェアと弊社機器データの結び付けは難しいという印象が強く、『対応できない』の回答をするしかないとも思いました。
しかし何か方法があるはずと諦めずに、先方からソフトウェアのロジック上どのようにデータの結び付けを行うかなど、ヒアリングと勉強を重ねることで『できない』から『できる』に変える提案を行うことができました。結果的にエンドユーザー様には本システムをご採用頂き、笑顔で案件成約を達成することができました。
私がこの仕事で嬉しい瞬間は、自社だけでなく他社のヒト・モノも交えてソリューション提案ができる。そして、それらが実績に結び付くことだと感じています。

この会社を選んだ理由、入社までの経緯

私がグラフテックを選んだ理由は、商品力と財務体質に魅力を感じたからです。
入社当時、会社の成長の指標とも言われる経常利益が右肩上がりで、自己資本比率も80%超えでした。
あいホールディングスというグループ会社で東証一部上場もしており、将来に不安を感じないとも思いました。
またモノ作りに興味があったため、メーカー中で強みに秀でている企業を指標にしていました。
グラフテックはその中でも、国内ではデータロガー、国外ではカッティングマシンのトップシェアを誇っていることに魅力を感じました。
そして説明会の中で、自身で考えた提案を成約へと繋げたいという仕事へのニーズにマッチしたため、当社に勤めることを決めました。

就職活動アドバイス

現在社会人になり3年目、会社がどういった人材が欲しいのかを少しだけ感じ取れるようになりました。
そこから就職活動中の皆さんに1つだけ大切にして欲しいことをお伝えいたします。
それは、【自分がやりたいこと】を早く・細かく決めることです。
就職活動をされる際に、企業分析をすると思いますが、その中で給料・休日・福利厚生を重視しすぎないで下さい。
面接官は、皆さんの熱量(=潜在能力)を見ています。
皆さん趣味があると思いますが、その趣味を好きでもない人が体よく話していると嘘っぽいなと分かりますね。そのぐらい皆さんの嘘を見抜くのは簡単です。
就職活動に大切なのはどれだけその会社が好きか。どれだけ貢献できるか(していきたいか)の想いを伝える場と思えることが、内定を頂くコツだと思います。