食品内の鉄やステンレス(*1)などの磁性体金属異物を検出

検出が困難な冷凍食品やアルミ包装・大袋内の微小な金属異物を検出可能

最高感度 Feφ0.1mm・SUS304φ0.1×1mm と検査対象品の形状に合わせた商品ラインアップ

業界最高クラスの高感度センサによる安心の検査を実現

商品名 フラットUタイプ
(GMD-1100)
フラットUDタイプ
(GMD-1200)
ボトルタイプ
(GMD-2200)
製品通過幅 250 mm 90 mm
製品通過高さ 標準 95 mm 以下 280 mm 以下
高感度セット装着時 - 45 mm 以下 -
検出方式・センサ配置 FGセンサ・上部配置 FGセンサ・上下配置 FGセンサ・左右配置
検出感度 (*1) 最高感度 Fe:φ0.1 mm、SUS304:φ0.1 × 1 mm
全領域感度 標準 Fe:φ2.0 mm
SUS304:φ0.3 × 4 mm
Fe:φ1.0 mm
SUS304:φ0.2 × 3 mm
Fe:φ1.0 mm
SUS304:φ0.2 × 3 mm
高感度セット装着時 - Fe:φ0.6 mm
SUS304:φ0.2 × 2 mm
-
(*1)
検出感度に記載の値は、弊社測定環境 (周辺ノイズレベル含む) において、テストピースを使用して測定した値となり、最高感度のFeφ0.1mm とはφ0.1mm 相当 (体積換算) に加工したテストピースによる値です。
SUS304 (ステンレス) は、材質や応力のかかり方 (切削や曲げ等)、着磁により磁化した際の状態などで検出
レベルが異なります。詳細についてはお問合せ下さい。

最高感度を実現するFGセンサと検出原理

FG(フラックスゲート)センサとは、高感度なセンサです。
食品内に混入した金属異物が放つ微小な磁力を感知し、金属異物の混入を検出します。

※検出可能な金属異物の素材: 鉄・ステンレス(SUS304) (*2)・ニッケル
(*2) ステンレス(SUS304)は非磁性体ですが、摩擦や切削・曲げなどの応力が加わると磁性を持ちます。

簡単操作 & 安心検査 & 低ランニングコスト

商品種類に合わせた初期設定や感度調整不要。簡単操作で検査開始

異物検出履歴や機器のエラー履歴も専用画面で簡単に確認

金属異物混入による検出履歴画面で簡単に確認できます。
検出履歴はCF(コンパクトフラッシュ)カードにCSV形式で保存でき、PCにてExcel等で簡単に確認できます。

金属異物そのものの磁力を検出。食品に対し影響なし

金属異物が放つ磁力を検出するので商品に対しての影響は一切なく安心して使用できます。

低ランニングコストで運用可能

ランニングコストは電気代のみです。
メンテナンスもセンサチェック画面でのセンサの稼働確認のみです(搬送系は除く)。

安全 & 安心をさらに向上するオプション

稼働中の緊急停止や異物検出、機器異常をお知らせするセーフティセット

シグナルタワーと非常停止ボタンのセットとなり、シグナルタワーは異物検出時の視覚的効果及びブザーで警告します。
また、緊急時には非常停止ボタンで検査および搬送を停止できます。


フレームについて

フレームは、剛性のあるアルミフレームを採用。
ステンレスをご希望のお客様は、ステンレス素材のフレーム (帯磁装置部含む) を別途有償にてご用意致します。

導入を検討されている/現状の装置で困っているお客様は
お問い合わせください!