製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

GL7-DCB(ひずみユニット)を使用してひずみセンサで測定していますが、外部ノイズの影響でデータが変動します。 対策方法はありますか?

外部ノイズの影響で測定値が変動する場合、以下の対応をお勧めいたします。(ノイズの種類によって、効果は変わります。)

  1. GL7000本体のGNDをアースに接地してください。
  2. ブリッジ電圧を適正値に設定してください。
    (Q:ひずみセンサに印加する電圧は、何ボルトが適切ですか?をご参照ください)
  3. 各CHには、下記ローパスフィルタが設定可能です。 Line(1.5Hz)・3・6・10・30・50・60・100・300・500Hz、1・3・5・10kHz このローパスフィルタは、5次フィルタとなっている為、急峻な減衰特性となっていますのでノイズの除去には効果があります。 ノイズの周波数に応じたフィルタ値を設定してください。