製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

フィルタの種類を教えてください。

装着するAMPユニットにより異なります。

GL7-M

移動平均フィルタを採用しています。
設定されたサンプル回数の平均値となります。サンプル間隔が10msより短い場合は、
10msで取得したデータの平均値になります。同様にサンプル間隔が5 秒より長く
なった場合も5 秒で取得したデータの平均値になります。
移動平均フィルタの設定は、「AMP」の設定の中で「Off・2・5・10・20・40」から
値を選択できます。

GL7-V、GL7-HSV、GL7-L/P、GL7-DCB

ローパスフィルタを採用しています。
カットオフ周波数は以下の通りです。

GL7-V:「Off・Line(1.5Hz)・5Hz・50Hz・500Hz」
GL7-HSV、GL7-HV:「Off・Line(1.5Hz)・5Hz・50Hz・500Hz・5kHz・50kHz」
GL7-L/P:「Off・On(カットオフ周波数は約50Hzです。)」
GL7-DCB:「Off・Line(1.5Hz)・3Hz・6Hz・10Hz・30Hz・50Hz・60Hz・100Hz・300Hz・500Hz・1kHz・3kHz・5kHz・10kHz・自動(*)」

  • A.A.F(アンチエリアジングフィルタ)
    サンプリング時に発生する可能性のエイリアシング( 折り返し)

その他、GL7-Mをご利用の場合のみデジタルフィルタの機能が有効になりますが、このフィルタのOn/Off設定は無く、GL7000に設定されている商用電源周波数の設定に応じて、自動的にAC電源からのノイズを除去する機能です。
電圧や温度表示が安定しない場合は、本体の収録設定メニューでサンプリング間隔に設定して下さい。