製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

ソフトウェアを使用した場合、どのくらいの時間収録できますか?

GL840/GL240

PCのハードディスクの空き容量が最大となります。
また、 本体収録Onの場合、本体側のSDメモリカードが一杯になると、本体の収録は停止しますが、PCへのデータ転送は継続します。(トリガで「繰り返し:On」と設定している場合、本体側デバイスが一杯になった後、次の繰り返しスタートで、PC 側も収録を停止します。)
本体収録 Offの場合、PC側のみでデータ収録を行いますので本体側のメモリに関係なくデータ収録ができます。

GLT400

標準付属アプリケーションソフト(GLT400SettingApp、GL-Connection)によって異なります。

GL-Connectionの場合
PCのハードディスクの空き容量が最大となります。
また、 本体収録Onの場合、本体側のSDメモリカードが一杯になると、本体の収録は停止しますが、PCへのデータ転送は継続します。本体収録 Offの場合、PC側のみでデータ収録を行いますので本体側のメモリに関係なくデータ収録ができます。

GLT400SettingAppの場合
GLT400本体にのみ収録を行うため、GLT400の本体メモリ、SDカードに準拠します。

GL2000/GL980/GL900

PCのハードディスクの空き容量または、GL900は2GB、GL980/GL2000は4GBが最大となります。
また、 本体側の内蔵RAM、内蔵フラッシュメモリか、USBメモリがいっぱいになると、本体の収録の停止とともに、PCへのデータ転送も停止します。
ただし、本体側収録設定の保存先を”収録しない”に設定した場合は、PCのハードディスクの空き容量次第となります。