製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

ch(チャネル)の拡張に必要なものを教えてください。

GL840

本体+拡張端子接続ケーブル+拡張端子ベース×使用端子数量20ch拡張端子×増設数量分となります。

  • 拡張端子接続ケーブル : B-567-05(50cm)または、B-567-20(2m)
  • 20ch拡張端子 : 標準端子B-564、スクリューレス端子B-564SL、高耐圧高精度端子B-565
  • 拡張端子ベース : B-566

例 : 標準端子、接続ケーブル50cmで40chの測定をする場合

本体 + 拡張端子接続ケーブルB-567-05 + 拡張端子ベースB-566×2 + 標準端子B-564×1 40ch

拡張には、必ず拡張端子接続ケーブルと 拡張端子ベースは必要となり、本体装着時に20ch端子を本体から外し拡張端子ベースB-566に装着します。

チャネル拡張例 20ch 40ch 100ch 200ch
GL840本体 1台 1台 1台 1台
拡張端子接続ケーブル 1本 1本 1本
拡張端子ベース 2台 5台 10台
20ch拡張端子 1台 4台 9台
  • 標準、高耐圧・高精度端子台は混在可能ですが、混在時の耐圧は、標準端子の耐圧となります。
    拡張端子接続ケーブル:B-567-05(50cm)または、B-567-20(2m)
    20ch拡張端子:標準端子B-564、スクリューレス端子B-564SL、高耐圧高精度端子B-565
    拡張端子ベース:B-566
    拡張端子ベースには連結用のコネクタがあり、通常、このコネクタで連結しますが、拡張端子ベース間を離して接続する場合は、拡張端子接続ケーブルB-567-05(またはB-567-20)を使って接続します。

参考資料

GLT400

本体+拡張端子ベース×使用端子数量+20ch拡張端子×増設数量分+拡張端子接続ケーブル(任意)となります。

  • 20ch拡張端子:標準端子B-564またはスクリューレス端子B-564SL
  • 高耐圧高精度端子B-565 拡張端子ベース:B-566
  • 拡張端子接続ケーブル:B-567-05(50cm)または、B-567-20(2m)

拡張端子ベースには連結用のコネクタがあり、通常、このコネクタで連結しますが、拡張端子ベース間を離して接続する場合は、拡張端子接続ケーブルB-567-05(またはB-567-20)を使って接続します。

例:標準端子、接続ケーブル50cmで40chの測定をする場合

本体 + 拡張端子接続ケーブルB-567-05 + 拡張ベースB-566×2 + 標準端子B-564×240ch

接続ケーブルは本体と端子台間または、端子台間で接続が可能です。

チャネル拡張例 20ch 40ch 100ch 200ch
本体 1台 1台 1台 1台
拡張端子ベース 1台 2台 5台 10台
20ch拡張端子 1台 2台 5台 10台
  • 標準、スクリューレス、高耐圧・高精度端子台は混在可能ですが、混在時の耐圧は、標準端子またはスクリューレス端子の耐圧となります。

参考資料