製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

内蔵の温湿度センサーは使用環境の影響を受けた場合、性能低下しますか?

本器は、バンドギャップ温度センサーと静電容量ポリマーの湿度センシング素子で、温度と相対湿度を測定します。湿度センサーは、水分吸着による誘電率の容量変化を測定します。そのため、粉塵や排気ガスなどの有機化合物質の蒸気はポリマー層に影響を与える場合があります。したがいまして、これらが大量に浮遊している環境下でのご使用は測定値のドリフトが発生するため、測定誤差が大きくなります。
また、センサー部がこれらの影響で汚染された場合、クリーンな環境下で汚染は緩やかに放出されますが、高濃度の有機物汚染の場合はセンサー部に永久的なダメージとなりますのでご注意ください。