CE7000シリーズ– グリットローリングカッティングプロッタ・カッティングマシン –

上位機種並みの高性能ながら低価格を実現したCE7000シリーズ

CE7000シリーズは、充実の基本性能と優れた操作性で現場をサポートし、作業効率の向上を実現します。コストパフォーマンスに優れ、サイン・印刷・アイロンプリント・自動車など、幅広い事業領域でご活用いただけます。本体剛性の強化により、前身モデルと比較して搬送性・カット性能ともに向上しました。
また、新開発のARMS (自動トンボ読み取りシステム) により、生産性を格段に向上させる多様な機能が搭載されています。

サムネイルをクリックで動画再生

長尺最大5mの精度保証を実現するカット性能

メディアストッカーにより安定したメディア搬送を実現しました。
CE7000-130/160は、中間プッシュローラの圧力をメディアに合わせて調整 (弱・中・強の3段階) することで、メディアの浮き・暴れを軽減しながらカットできます。
また、オプションの専用バスケットを使用することで、長尺カットでの安定性を図れます。
※ CE7000-60/130/160 専用バスケットを使用し、当社指定のメディアとカット条件の場合。

長尺最大5mの精度保証を実現するカット性能

専用バーコードによるデータ管理機能

カットしたいメディアに専用バーコードを印刷し、それをカッティングプロッタ本体が読み取ることで、PCやUSBメモリから自動的に該当するカットデータを取得し、カット出力します。誤ったデータでのカット防止や作業効率の向上に役立ちます。また、この機能はプリンタやRIPソフトウェアの種類に関係なく使用できます。
※ USBメモリのフォーマット形式はFAT32のみに対応しています。NTFSおよびexFATには対応していませんのでご注意ください (ファイル名は半角英記号表示)。

サムネイルをクリックで動画再生

専用バーコードによるデータ管理機能
素材とカットデータとのミスマッチを回避できるだけでなく
カット出力担当者は特別なPC操作を習得する必要がなくなる。

USBメモリを使ったオフライン出力

プラグインソフトウェア「Cutting Master 5」、グラフィックデザインソフトウェア「Graphtec Studio 2」で作成した専用データをUSBメモリに保存し、カッティングプロッタ本体にセットするだけでカット出力できます。PCや専用ソフトウェアを使用しないため、誰でも簡単にカット出力ができます。
※ USBメモリのフォーマット形式はFAT32のみに対応しています。NTFSおよびexFATには対応していませんのでご注意ください (ファイル名は半角英記号表示)。

USBメモリを使ったオフライン出力
専用データを保存したUSBメモリを本体に挿入し、
操作パネルから選択するだけでカット出力できる。

専用バーコードを利用した異なるデータの連続カット出力

異なるデータ毎に挿入した専用バーコードのスタートマークを自動検出し、最初のスタート操作のみで連続的にカット出力が可能です。また、専用バーコードのスタートマーク位置はラミネート加工を考慮して、順巻・逆巻の両方に対応しています。

サムネイルをクリックで動画再生

専用バーコードを利用した連続カット出力
多品種・小ロット受注のオンデマンド後加工に最適。
大判プリンタとの連携はプリンタを選ばない。

ハーフカット・ミシン目カット・切り抜きなど、充実のカットパターン

ハーフカット・ミシン目カット・切り抜きなど、充実のカットパターン

カッティング用台紙テーブル
本体の前後に取り付けることでカッティング用台紙を水平に搬送させ、安定したカットが行えるパーツです。
※ CE7000-40 / 60で使用可能 (CE7000-40のみ標準付属) 。
※ カッティング用台紙 (CR09300-A3) ご使用時は、カッティング用台紙

 テーブル「OPH-A45」を合わせてご使用ください。
※ CE7000-60でご使用の際は、別途ご購入ください。

カッティング用台紙テーブル

各種ソフトウェア

カッティングプロッタ本体をご購入いただくと、すぐにご使用いただける充実の標準ソフトウェアをご用意しております。
※ Graphtec Pro Studio Plus はオプションソフトウェアです (2022年11月末で販売終了)。