製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

クロスカットを使用する。

本体操作パネルで、横切りカットを「使用する/しない」を設定します。使用する設定(ON)にした場合、ラベル外形カットし、カス取りした成果物を排出時に、クロスカットマーク部付近で横切りカットします。複数枚のページデータまたはコピーカットしたラベルをシート毎に切り離すことができます。
使用する際は、以下の点に注意してください。

  • 横切りカットを使用する場合は、セパレーター(カス取り)を使用してください。
  • 横切りカットは、セパレーター(カス取り)後のラベル素材の台紙をカットするためのものです。ラベル素材を台紙ごと、あるいはラミネート素材付きでカットしようとすると、切れない素材があります。また、ラベル素材の糊が刃に付着したりし、クロスカッター部の故障の原因になります。台紙以外のカットは行わないでください。
  • 使用する設定(ON)にした場合、ラベル巻取りの設定は自動的にOFFになります。
    詳しくは下記資料をご参照ください。