製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

指定した大きさにカットされない。

ステップサイズが違っている。

カッティングプロッタ本体とPC側でステップサイズが合っていないと、カット出力が小さくなったり大きくなったりします。
(1/2、1/4、1/10、2倍、4倍、10倍と極端に大きさが異なります)

※ 以下は、FC9000シリーズの例です。
  ステップサイズの確認については、対象機種の取扱説明書を参照してください。

  1. カッティングプロッタ本体の設定を確認するには、基本画面で[PAUSE/MENU]キーを押します。
    メニュー画面が表示されるので、ノーマルモードでは、POSITION (▲) キー (I/F) を押します。
メニュー画面
  1. インターフェース画面 (1/3) が表示されます。POSITION (▲) キー (I/F) を押します。
インターフェース画面(1/3)
  1. インターフェース画面 (2/3) が表示されます。[1] GP-GLステップサイズを押します。
    (弊社のソフトウェア・ドライバをご使用の際は、GP-GLを設定してください)
インターフェース画面(2/3)
  1. [1] キー (0.100mm)、[2] キー (0.050mm)、[3] キー (0.025mm)、[4] キー (0.010mm)のいずれかを押します。
    設定を確認し、良ければ [ENTER] キー (設定) を押します。
GP-GLステップサイズ画面
  1. 設定が確定し、インターフェース画面 (2/3) に戻ります。[PAUSE/MENU] キーを押します。

PC側ソフトウェアやドライバに出力倍率が設定されている。

PC側ソフトウェアやドライバの設定の中にある出力倍率が、100%以外に設定されていないか確認してください。
100%以外に設定されている場合は、100%に設定してください。

メディアの厚さの違いで距離精度が合っていない (CE6000 / FC8600)。

メディアの厚さにより、距離精度が変わってきます。
CE6000・FC8600は、それぞれの条件番号ごとに距離補正を設定することができます。
距離補正の設定については、対象機種の取扱説明書を参照してください。