製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

同じデータを複数カットしたい (コピー機能)

バッファメモリに保持した作図データを使って、指定した回数のカットを繰り返し行います。

  • コピー中に新しいデータを送信しないでください。バッファメモリの作図データが消去されます。
  • 1.6MB以上のデータは、本機のバッファメモリに収まらないため、コピーできません。
  • コピー元の作図データの位置が原点から離れている場合、コピー作図も同様に原点から離れてカットします。
    無駄な余白を省くためにも、なるべく作図データは原点に近付けて作成してください。
  • 配列トンボのデータはコピーできません。

一枚のメディアに設定回数分カットを行う。

※ 作図がメディアからはみ出さないよう注意してください。

1枚のメディアに複数コピー
  1. コピーするデータで一度カットします。作図データがバッファメモリに保持されます。
  2. ポジションボタン (ポジション) ボタンを押して「ツール移動」画面を開きます。
  3. 「△」「▽」「◁」「▷」ボタンでコピー開始位置にツールを移動し、原点ボタン (原点) ボタンを押して設定します。
ツール移動画面
  1. 「HOME」画面のコピーボタン (コピー) ボタンを押します。
  2. 「メディア交換モード」の「オフ」ボタンを押し、「コピー回数」入力ボックスを押します。
コピー回数設定
  1. コピー回数を入力し、確定ボタン (確定) ボタンで確定します。
  2. 「コピー間隔」入力ボックスを押します。
コピー間隔設定
  1. 「△」「▽」ボタンでコピー間隔を選択し、確定ボタン (確定) ボタンで確定します。
  2. 確定ボタン (実行) ボタンを押すと、コピーカットを開始します。
コピーカット開始

※ 「実行」ボタンを押すと、メディアやツールキャリッジが動き出します。体や物に触れないようご注意ください。

複数のメディアに設定回数分、同じカットを行う。

  • シート紙またはカッティング用台紙を使用します。
  • 1回のカット終了ごとにメディアを交換するメッセージが表示されます。
    終了ボタン (終了) ボタンを押すと、コピーを中止して「HOME」画面に戻ります。
  • メディア交換の操作を行うと、直ちにメディアを検出し、コピーカットを行います。
  • メディア交換時のメディアの種類は、2枚目以降も1枚目に選択したものが使用されます。
  • バッファメモリ内にデータがない場合は、「コピーの為のデータがバッファにありません」と表示されます。
    作図データを送ってください。
  • バッファメモリに収まらない容量のデータを送った場合は、「コピー モード バッファが一杯です!」と表示されます。
  1. コピーするデータで一度カットします。作図データがバッファメモリに保持されます。
  2. 「HOME」画面のコピーボタン (コピー) ボタンを押します。
  3. 「メディア交換モード」の「オン」ボタンを押し、「コピー回数」入力ボックスを押します。
コピー回数設定
  1. コピー回数を入力し、確定ボタン (確定)で確定します。
  2. 確定ボタン (実行) ボタンを押すと、メディアが排紙されます。
メディア交換モード
  1. コピーを行うメディアをセットし、「メディアセット」ボタンを押します。
  2. セットしたメディアに対応するボタンを押すと、メディアをロードしてコピーカットを開始します。
メディアセット

※ メディアに対応したボタンを押すと、メディアやツールキャリッジが動き出します。体や物に触れないようご注意ください。

  1. 1枚目のカットが終わると、コピー枚数に達するまで「メディア交換モード COPY メディアセット」と表示されます。
    その都度、メディアを交換して 6 → 7 の工程を繰り返してください。
    2枚目以降の「メディアセット」では、メディア種類の選択画面は表示されずに、1枚目に選択されたものが使用されます。