CE6000-120AP用ファームウェア Ver.2.00

基本情報

本ソフトウェアをダウンロードされる前に、使用許諾契約を必ずお読み下さい。
お客様が本ソフトウェアをダウンロードされることにより、お客様には使用許諾契約の諸条件に同意いただいたものとみなさせていただきます。同意いただけない場合には、本ソフトウェアをダウンロードまたは使用することはできませんのでご注意ください。

項目 内容
名称 CE6000-120AP用ファームウェア
バージョン Ver.2.00
ダウンロードファイル名 CE6000APUPDATE_V200.zip
データサイズ 3,000KB
更新日 2019/11/21

動作環境

項目 内容
対応機種 CE6000-120AP
使用条件 ■ご利用にはプロッタドライバがインストールされている必要があります。
■タイムアウトの設定を”0秒”にする必要があります。
  ※タイムアウトの設定の操作は取扱説明書 8-11ページをご覧ください。
必要条件 Windows 10 / 8.1 / 7 でのバージョンアップになります。
MacOSではできません。
OSメーカのサポートが終了しているOSに付きましては、弊社でのサポートも対象外となります。

注意事項

アップデート手順に従いファームウェアのアップデートを完了させてください。
手順通りにアップデートを行わない場合、 フラッシュROMへ書き込み中にファームウェアのアップデートに失敗すると、カッティングプロッタが起動しない場合があります。その場合はサービスマンによる訪問修理が必要となります。(有料)
下記のアップデート手順をよくお読みになってからファームウェアのアップデートを実施いただきますようお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたら、当社カスタマーセンターにお問い合わせ下さい。

ダウンロード

必ず下記の「ソフトウェアに関する使用許諾契約書」をお読みになり、同意の上ダウンロードください。


項目 内容 ダウンロード
本体 CE6000APUPDATE_V200.zip(3,000KB) ダウンロード
アップデート手順 firm_Cutting_upm_vol13.pdf(612KB) ダウンロード

対応OS履歴

Windows 10 2015/10/2 Ver.1.81で動作確認済み
Windows 8.1 2013/12/16 Ver.1.70で動作確認済み

更新履歴

Ver.2.00

  1. ペン書き時、角が丸まって描画される場合がある不具合を修正した。

Ver.1.90

  1. 「ミシン目パターン」メニューで「アップモード」を使用し、カット圧を低く設定している場合、横切りカットでカットできずにエラーとなる場合がある不具合を修正した。

Ver.1.81

  1. 分割つなぎの設定をオンにしているときに、ドライバの[用紙送りをする]にチェックを入れ、作図をすると新しい原点が指定位置と異なる不具合を修正した。
  2. HP-GLのNRコマンドのエンター待ちでポーズキーを押すと、作業中断メニューになってしまう不具合を修正した。
  3. ロール紙の引き出しで、Xポジションエラーが起きやすい不具合を修正した。
  4. 分割つなぎの設定をオンにしている時に、H (ホーム) コマンドを送っても、ホームに戻らない不具合を修正した。

Ver.1.70

  1. 漢字フォントで丸付き数字などの特殊文字に対応した。

Ver.1.60

  1. タイムアウト設定をしていると、ファームウェアのアップデートが出来ない不具合を修正した。
  2. 分割つなぎがオンの時、距離補正によって、自動プレフィードのタイミングが異なる不具合を修正した。
  3. プッシュローラーセンサ無効時かつ、コンディション1の時、ペン先がカッターホルダーに固定されている不具合を修正した。
  4. 作図中にPAUSE/MENUキーを押して停止中、ポジションキーによるペン移動ができるように変更した。

Ver.1.50

  1. LCD表示文言の修正(ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語)。
  2. 分割つなぎONでも、原点キーで原点設定をできるように変更した。
  3. 横切りカットの最大可動距離を変更した。
  4. 回転時の原点位置を変更した。
  5. プッシュローラーセンサ無効時、エキスパンドをかけた時の作図範囲を修正した。

Ver.1.40

  1. 横切りカット方法を変更した。
  2. プッシュローラーの位置確認の範囲を変更した。

Ver.1.30

  1. LCD表示文言の修正(ロシア・中国・韓国語)。

Ver.1.00

  1. 初版