製品の操作/修理に関する電話受付終了のご案内詳細はこちら

カッティングプロッタ FC9000 ファームウェア (Ver.1.21) バージョンアップのご案内

更新日:2020/11/25 NO:TP20065

平素より弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、弊社のカッティングプロッタFC9000におきまして、ファームウェアのバージョンアップを行いました。
内容につきましては、以下のとおりご案内させていただきますので、ご確認くださいますようお願いいたします。
尚、今後も一層のお引き立てを賜ります様、よろしくお願いいたします。

FC9000 ファームウェア (Ver.1.21) について

  1. マルチトンボ使用時、クロスカット動作の用紙落とし振り幅が二枚目以降で狭くなることがある不具合を修正した。
  2. マルチトンボデータをコピーした時、最後のページカット後に用紙を後ろに落とす不具合を修正した。
  3. ページ長さで長尺(50mなど)を指定して小さい4点トンボを読ませると、読み取りに成功しているにも関わらずトンボエラーとなる不具合を修正した。
  4. ロール紙バーコード使用時に、機械原点位置から(Y方向に)離れた場所に第一トンボを配置した場合、余分な線を描画してしまうことがある不具合を修正した。

該当商品

FC9000

バージョンアップの方法

ファームウェアのアップデートツールを2020年11月25日に公開いたしましたので、弊社ホームページよりダウンロードしていただき、バージョンアップしていただきます様お願いいたします。