midiLOGGER GL900

midi LOGGER GL900シリーズ
商品特長【ソフトウェア(GL900-APS)】


GL900とパソコンを接続することで、GL900だけではできないさまざまな計測が可能となります。
GL900の設定はもとより、データ収録・再生・解析・レポート作成が容易に可能です。また、GL統合ソフトウェアである、GL-Connectionとのデータ互換も可能となっています。

USBやイーサネットで簡単PC接続

パソコンに標準装備されているUSBポートやイーサネットポートを使用して、GL900と接続が可能です。

GL900とパソコンをUSB接続

LANで接続



簡単設定・簡単操作

設定は、入力信号波形を見ながら行え大変便利です。
その他、各種波形操作は、アイコンキーで行えますので、感覚的にご使用いただけます。


用途に合わせて選べる多彩なデータ表示

あらゆる用途に合わせて、多彩なデータ表示を用意しました。

Y-T表示

X軸:時間、Y軸:入力信号レベルで表示します。収録中に、X軸・Y軸の拡大・縮小も可能です。必要であれば、サブウィンドウでデジタル値の表示も行うことが出来ます。


X-Y表示

X軸:入力信号、Y軸:入力信号の相関関係を表示します。最大4グラフまで同時にみることができます。ゼロ点の移動や波形の拡大縮小も行うことが出来ます。

FFT表示

入力信号をFFT表示します。チャネルごとに切り替えての表示が可能です。

ズーム表示

収録したデータの再生時に、上段に全体波形を表示し、下段に詳細波形を表示します。詳細波形は、カーソルA-B間のデータを表示します。全体表示で異常部分を確認し、その部分の詳細確認時などに最適な機能です。

安心のデータ収録方法

測定データは、PCに収録するだけではなく、GL900本体にもデータが保存されます。万が一、パソコンでデータが取れていなくてもGL900本体にデータが保存されています。また、GL900本体のメモリ容量を超える測定時には、本体にデータ収録しないを設定すれば、PCにのみデータ収録を行います。

ダイレクトEXCEL機能

標準付属のアプリケーションソフトウェアにデータ収録を行うと同時に、Excelに直接データを書き込みます。使用するExcelファイルのシートに演算式やグラフを設定しておけば、データ収録を行いながら演算結果やグラフを見ることが出来ます。
※ダイレクトEXCEL機能でEXCEL2007を使用した場合でも、最大行数は約65,000行となります。


データ再生を容易にするサムネイル機能

多くのデータを収録した後のデータ再生時に便利な機能です。各ファイルごとに波形のサムネイル表示を行いますので、ファイル名とともに波形のイメージでファイルを確認することができます。

コメント入力機能

測定データにコメントを入力することが出来ますので、異常点などのマーキングに役立ちます。データの再生時には、コメントの変更や位置の修正を行うことができます。



重ね書き・連結機能

再生中のデータに対して他の収録データファイルを重ねて表示したり、連結して表示したりすることができます。

重ね書き・連結画面

■重ね書き例(X-Y表示時)

重ね書き例

ファイル変換機能&一括変換機能

収録したデータのファイル形式をCSV形式に変換が可能です。変換時には、間引き率の設定など行うことが出来ます。また、一括変換機能では、複数のファイルを一括で変換することが可能です。


画面の印刷・保存機能

画面上に表示されている内容をプリンタに出力したり、BMPファイルとして保存することが可能です。これにより、レポートを容易に行うことが出来ます。

GLシリーズ統合アプリケーションソフトウェア

GL-ConnectionはGL7000以外のGLシリーズも、LAN / USB接続することで利用可能なGLシリーズ統合アプリケーションソフトウェアです。GL7000接続時はFFT機能を搭載した専用ソフトウェアとして制御・収録が活用可能です。GL900/GL840/GL820/GL240/GL220接続時は波形ビューア機能を主体としたソフトウェアになり、データ互換性もあります。

GL7000接続時はFFT機能を搭載した専用ソフトウェアとして制御・収録が活用可能です。
GL900/GL840/GL820/GL240/GL220接続時は波形ビューア機能を主体としたソフトウェアになり、データ互換性もあります。

■主な機能比較

項目 GL-Connection
(Ver1.80以降)
GL100_GL240_GL840-APS GL220_820-APS GL900-APS
接続 対応機種 GL7000
GL900-4/-8 (本体Ver.3.01以降)
GL840 (本体Ver.1.21以降)
GL820 (本体Ver.1.08以降)
GL240 (本体Ver.1.21以降)
GL220 (本体Ver.1.06以降)
GL840
GL820
GL240
GL220
GL100
GL820
GL800
GL220
GL200A
GL900-4
GL900-8
接続台数 10 10 10 1
最大CH数 2000 1000 500 4 or 8
USB,
LAN混在接続
不可 不可
表示 画面分割 4画面 1画面 1画面 1画面
グループ機能 最大20グループ 最大4グループ 最大4グループ 無し

■対応機種と接続条件

対応機種 USB接続 LAN接続 無線LAN 接続制限
GL7000 - 優先1:GLシリーズ最大10台まで
優先2:2000chまで
GL840
GL820 -
GL240 -
GL220 - -
GL900 -
(※)
GL無線LANユニット (B-568)が別途必要です。

■その他の主な機能

項目 内容
統計・表示 収録中の最大、最小、平均、ピークや、再生カーソル間の最大、最小、平均、ピーク、RMSが表示できます。
ファイル操作 変換機能(カーソル間、全データ)、全データをCSV形式へ変換、ファイル連結ができます。
検索機能 レベル検索や、アラーム検索、時間移動(データの先頭、中心、最後、トリガ点、指定時刻、指示時間、指定点数)ができます。
メール送信 アラーム発生時にEメールを自動送信できます。
セキュアメール送信可能(Gmail、Yahooメール等)