Ai-Gliesとは

オフィスビル消費電力グラフデマンドコントロールシステム『Ai-Glies』は、オフィスビルの消費電力の中で多くを占める「空調設備」をピンポイントで制御し、基本料金と使用量料金の削減を行うシステムです。

さらに、導入時の施工面においても従来の有線型に比べ、無線+ソーラー給電を
採用しているため、施工費が抑えられ、低価格で導入できます。
また、IoTを駆使した細かい空調制御を自動で行うことで、室内空間を快適に
保ちます。従来のデマンド監視装置からの更新にも適しています。

使用電力量を削減することにより、発電時のCO2削減につながりSDGsへの取り組みへと繋がります。

Ai-Gliesの導入効果

より大きな削減効果が見込めるピークカット

  • 夏冬の最も使用電力の多い時間帯の電力削減を行うピークカット機能(デマンドコントロール)で基本料金を大幅に削減することが可能となります。
  • 空調機器の出力が短時間に集中しないよう電力量の自動制御を行います。

室外機制御でのエアコンの省エネによる電気料金やCO2の削減

  • エアコンの室外機に機器を設置し、気候に合わせて約3分間の送風運転を交えた省エネ運転を行います。
    ※一般的に停止ではなく約3分間の送風を交えると、室温を変化させづらいと言われています。
  • 制御器はソーラー給電に対応しているため、配線が不要となり工事費の抑制が可能です。
  • 安定した省エネ(電気料金やCO2の削減)効果が期待できます。

季節・不快指数に合わせたキメ細かい自動制御

  • 省エネに加え、外気温と湿度を測ることにより、季節・不快指数に合わせたキメ細かい制御を行います。
  • クラウドでデータを管理(自動制御)することにより、お客様自身のPCから設定変更が可能です。
  • CO2削減量や削減電気量、削減電気料金が把握できます。

電気料金に関する法改正の責任は弊社では負いかねますので予めご了承ください。
この商品ページに記載された削減効果は、あくまで試算であり、必ずしも同等の効果を保証するものではありません。
加えて、削減効果は、Ai-Gliesの設定状況、気候状況、実際の電力利用状況等に応じて大きく変動します。